販路マスタ

  • 電子書籍販売書店/取次の「販路マスタ」設定を行います。
  • 主な書店&取次の設定テンプレートを予め用意していますので、一覧よりお取引のある販路をPUBNAVIに追加し、以下の手順に従い必要な設定を行ってください。
  • 自社書店等一覧になく、専用の登録が必要な販路は、「独自販路を作成する」で新規に登録可能です。

販路マスタ追加手順

  • 画面左上のボタンをクリックし、取引のある販路を選択し、下記「販路マスタ設定項目」の記載に従い必要な設定を行ってください。
  • 「編集項目」は、のクリックで編集可能となります。
  • 「登録」ボタンを押すと、「販路マスタ」一覧画面に反映されます。
  • 独自販路は、ボタンクリック後、「独自販路を作成する」で新規に登録を行います。
  • 販路は売上ファイルの形式ごとに用意されています。
  • 一覧にお取引の販路がない場合、サポート宛にご連絡ください。デフォルト登録の対応を検討いたします。

「サイト設定」について

  • 「売上取込」のスケジュール設定を行うにあたり、販路からの報告/入金月の違いの調整を、「サイト設定」により行います。
  • 書店での販売月と、PUBNAVIユーザー様による売上計上月との差分の月数を指定します。 
  • 【設定例】
  • 書店販売月1月、報告3月、入金4月、売上計上月3月の場合、「2カ月」と設定
  • 書店販売月1月、報告3月、入金4月、売上計上月4月の場合、「3カ月」と設定
  • 書店販売月1月、報告2月、入金2月、売上計上月2月の場合、「1カ月」と設定
  • 「スケジュール設定」では、サイト設定に従って「売上取込」のスケジュールが設定されます。
  • 【設定例】
  • 書店A:サイト設定「1カ月」
  • 書店B:サイト設定「2カ月」
  • 書店C:サイト設定「3カ月」
  • 上記設定の場合、売上計上月4月の売上取込対象となる書店販売月は、書店A=3月販売分、書店B=2月販売分、書店C=1月販売分となり、「売上取込」スケジュールが設定されます。
  • より具体的な例は、こちらをご参照ください。
  • 「売上明細」「売上分析」で出力される書店販売月は上記設定に基づき取得されますが、売上ファイルに書店販売月の記載がある場合そちらを優先して取得します(取次等で1つの売上ファイルに書店販売月が異なる複数書店の売上明細が混在する場合、個別に取得が可能となります)。

「売上ファイル仕様」について

  • 売上ファイル取込の仕様は、販路追加完了後、一覧の各販路右端メニューから、売上ファイルの仕様を変更するで確認、および変更が可能です。
  • 1つの販路で、確定と速報両方が設定された場合、売上ファイル仕様もそれぞれ別に用意されます。
  • 各項目の仕様は、「売上取込設定」をご参照ください。
  • 売上ファイル仕様の変更は、即時反映となり、以降の売上取込は変更後の仕様で取り込まれます。なお、取込済みデータには影響ありません。
  • 売上ファイル仕様に、期間設定はありません。掛率変更のため新しい期間の設定を追加した場合、旧期間/新期間共に設定変更されます。
    ※独自販路の売上取込設定は、「売上取込設定」のメニューから行ってください。

売上ファイル仕様の変更について

デフォルトで用意された販路の売上ファイルの仕様を変更する際の変更例をいくつかご案内します。

  1. 標準的な売上ファイルと異なる形式で受領するケース
    • デフォルトでは標準的な形式で登録されていますが、一部出版社様において契約等により記載列が追加される等形式が異なる売上ファイルを受領するケースがあります。この場合、売上ファイル仕様を適切な設定に変更をお願い致します。
  2. 連携用コード(JDCN等) 列位置の変更
    • 「商品マスタ」記載の商品コードと直接マッチングさせる列の指定です。
    • 例として、デフォルトでメディアドゥ取次の売上ファイルの「出版社経理コード」列が指定されているケースで、別にある「JDCN」列でマッチングさせたい場合、指定列を変更のうえご対応願います。
  3. 販路商品コード 列位置の変更
    • 「商品コード変換マスタ」で指定した「販路商品キー」とマッチングさせる列の指定です。
    • 売上ファイルに記載された販路側で付与したコードをキーにマッチングさせ、商品コードに変換して取り込みます。
    • デフォルトで売上ファイルの巻/話単位で付与された販路商品コード列が指定されているケースで、別にタイトル単位で付与された販路商品コード列でマッチングさせたい場合、指定列を変更のうえご対応願います。
  4. 販路商品名 列位置の変更
    • 「商品コード変換マスタ」で指定した「販路商品キー」とマッチングさせる列の指定です。
    • 売上ファイルに記載された「商品名」をキーにマッチングさせ、商品コードに変換して取り込みます。
    • デフォルトで売上ファイルの巻/話単位で記載された「商品名」列が指定されているケースで、別のタイトル単位で記載された「商品名」列のほうでマッチングさせたい場合、指定列を変更のうえご対応ください。
  5. 販路による売上ファイル仕様の変更
    • 販路側で売上ファイル仕様が変更された場合は、ユーザー様で新仕様に合わせて設定変更をお願い致します。
    • デフォルトの売上ファイル仕様をPUBNAVI側でも変更のうえ通知させていただきますが、この変更はユーザー側設定に反映されません。ご留意ください(新たに販路追加したケースのみ、デフォルト変更後の売上ファイル仕様が反映されます)。

販路マスタ設定項目

項目説明
コード/名称/略称/カナ/会社名/郵便番号/住所固定項目です。編集はできません。
 ・「独自販路を作成する」場合は、本項目の記載も行ってください。
種別取次/書店の別が設定されます。
 ・「取次」の場合、「書店名」「書店会社名」を売上ファイルから取得します。
 ・「書店」の場合、販路の「名称」を「書店名」として、販路の「会社名」を「書店会社名」として取得します。
TEL/FAX/メールアドレス必要に応じて、メモとしてご記載ください。
取り扱い通貨「JPY」固定。
サイト設定書店での販売月と、PUBNAVIユーザー様の売上計上月との差分の月数を指定します。
 ※デフォルトでは、書店販売月と売上ファイル受領月との差分で設定されています。売上ファイル受領の翌月や入金月を売上計上月とする等、運用が異なる場合は、適切な値に変更したうえでご登録ください。
電子・取扱売上ファイル「通常販売」「読み放題等」「混在」のいずれかを表示しています。
 ・広告売上の販路は、DL数報告が伴わないため「読み放題等」の設定としています。
 ・「混在」は、取次からの売上ファイルに通常販売と読み放題書店の明細が混在している場合に指定されます。
  ※売上ファイルに記載された「書店名」に「読み放題」の文字の記載がある書店は、読み放題として取得されます。
各月の売上取込予定日付「売上取込」メニューの一覧に、販路ごとに表示されます。
 ・目安としてご使用ください。将来的に、タスク管理に用いることを検討します。
電子-掛率販路×PUBNAVIユーザー様との掛率を設定します。
 ・売上ファイルに掛率記載がある場合、そちらが優先され、ここでの指定は使用されません。
 ・売上ファイルに掛率記載がなく、「売上金額」「入金額」の記載がある場合、ここでの掛率を使用した集計は行わず、記載の金額を直接取り込みます。
 ・売上ファイルに掛率と「売上金額」または「単価」×「DL数」の記載がなく、「入金額」の記載のみの場合、「売上金額」を算出するために、ここでの掛率設定を使用します。
 ・売上ファイルに掛率と「入金額」の記載がなく、「売上金額」の記載のみの場合、「入金額」を算出するために、ここでの掛率設定を使用します。
電子-速報値有無速報値の取込を行う場合、「あり」と設定してください。「売上取込」画面の該当販路に、速報値取込ボタンが表示されます。
 ・速報値で取り込んだ売上情報は、「印税計算」には利用されません。「売上分析」でのみ出力可能です。
 ※速報値として受領した売上ファイルを「印税計算」の対象としたい場合は、PUBNAVI上で確定値として取り込む必要があります。この場合、確定値の「売上取込設定」を速報値の売上ファイルが取り込めるよう変更したうえで取り込みを行ってください。